News & Event

ニュース・イベントNews & Events

[月刊総務オンライン]第21回:オンラインストレージ調査データ

みなさん、こんにちは。「GIGAPOD(ギガポッド)」という企業向けオンラインストレージのベンダーでもある「トライポッドワークス」でマーケティングアドバイザーをしている吉政(よしまさ)と申します。

ニュースを見られた方もいらっしゃると思うのですが、GIGAPODはお陰様で株式会社アイ・ティ・アール発行の市場調査レポート「ITR Market View:ファイル共有・転送/コンテンツ管理市場2014」(2014年9月発行)※1 の2013年度、企業間ファイル転送アプライアンス市場でベンダーシェア1位を獲得しました!お買い求めいただいた皆様、本当にありがとうございました。

引用:http://www.tripodworks.co.jp/news/2014/10/20141020-01.html

(※1)「ITR Market View:ファイル共有・転送/コンテンツ管理市場2014」について ITに係る意思決定に関するリサーチ・コンサルティングサービスを提供する、業界中立的な立場であるITRのアナリストが、国内ファイル共有・転送/コンテンツ管理市場において独自の手法で調査・分析を行った調査レポートです。

さて、業界のリーディングカンパニーとしてトライポッドワークスは早速市場調査を行っています。本日はその調査結果を共有したく、データをご紹介します。オンラインストレージ検討の際の稟議添付資料にも使えると思います。興味がある方は是非ご参考ください。

まず、ファイル共有の方法についての調査データのご紹介です。
調査データでは社外へのファイル転送方法を尋ねたところ、回答者のうち<92.7%>が「メールの添付」と答えており、その一方で 「ファイル転送サービスまたはアップローダー」、「オンラインストレージサービス」を利用していると答えた割合が<83.5%>に上りました。 また、メールの添付と併用してファイルを転送している割合が<53.2%>あり、転送する内容によりメールの添付とファイル転送サービスやオンラインストレージサービスを使い分けていることが分かります。

そして、ファイル転送とオンラインストレージサービスの会社内での許可状況についての調査では、全体の<84.9%>の企業がファイル転送とオンラインストレージサービスの使用を禁止していないことがわかりました。

詳細はレポートの原文をご覧いただくとわかりますが、80%の企業が会社としてはファイルの共有方法の規定やガイドラインを社員に提示しています。推測になりますが、それらの80%の企業ではセキュリティ上問題がある無料のオンラインストレージを禁止していると思います。

しかしながら、大分シェアは下がってきているとは思いますが、それでも無料のオンラインストレージのビジネス利用は20%以上残っていると思うのです。多くの企業がセキュリティに問題がある無料のオンラインストレージの使用を厳しく禁止したりすることもなく、黙認しているように見えるように読み取れる部分があります。

皆様の会社ではいかがでしょうか?
会社の規定で定めたファイルの共有方法を社員に徹底するには、ガイドラインだけでは難しく、便利な方法を会社が用意しなくてはいけないのではないかと思っています。

ちなみに、何故、無料のオンラインストレージを法人が使用してはいけないかと言うのは過去のコラムでご紹介しています。興味がある方は以下もご覧ください。
http://www.g-soumu.com/column/2013/02/strage08.php

なお、今回ご紹介した調査データの詳細は、下記のフォームからダウンロードができます。
https://www.tripodworks.co.jp/support/download/report201408.html#form_sec

オンラインストレージを検討されている方は稟議添付資料として使える部分もあると思いますので、興味がある方はご利用ください。(ダウンロードには個人情報の登録が必要です)

また、GIGAPODは無料で体験利用もできます。興味がある方は以下をご覧ください。

※参考URL
GIGAPODとは http://www.tripodworks.co.jp/product/gigapod/
GIGAPODデモサービス(無料体験) http://www.tripodworks.co.jp/forms/GIGAPOD/trial/
GIGAPOD事例集 http://www.tripodworks.co.jp/casestudy/