News & Event

ニュース・イベントNews & Events

トライポッドワークス、Bluetooth4.0 規格のタイヤ空気圧モニタリングシステム(TPMS)の販売を開始!

トライポッドワークス、

Bluetooth4.0 規格のタイヤ空気圧モニタリングシステム(TPMS)の
販売を開始!

トライポッドワークス株式会社(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:佐々木 賢一、以下トライポッド)は、このたび国際特許取得済みのタイヤ空気圧モニタリングシステム(Tire Pressure Monitoring System、以下TPMS)「BlueSensor」の販売を開始します。

TPMSは近年、米国・欧州をはじめ諸外国で搭載義務化が進んでおり、日本でも早期の法規化が予想されております。また、「自動車のIoT」とも言われるカーテレマティクス分野においても必須のシステムとなっております。トライポッドでは、今後、同分野におけるIoTビジネス構築サービスの事業化を進めており、その第一弾として、「BlueSensor」の製造元であるSYSGRATION社(本社:台湾)と販売代理店契約を締結しました。

本製品はタイヤの空気圧をリアルタイムで監視し、異常が検知されたときは専用の受信機もしくはスマートデバイスに通報をします。これにより、タイヤ起因による車輛事故の未然防止やメンテナンスコストの削減に効果を発揮します。

■特徴

• トラック・バスなど大型車にも対応(高圧・多輪)
• タイヤキャップの交換だけで装着
(従来はタイヤゴムからホイールを外して装着必要)
• 通信は、Bluetooth 4.0(Bluetooth Low Energy)で国内電波法規格に対応
• 国際特許済み
• コンビニ等で入手できる市販ボタン電池を使用
• 6ヶ月以上電池交換不要
• スマートデバイス上のアプリはバックグランド検知可能

■基本仕様

プロセッサ 32bit ARM Cortex Mo MCU
RAM 64KB
動作温度 -40℃ ~ 85℃
動作湿度 95%以下
通信方式 Bluetooth 4.0
空気圧測定範囲 0 kPa ~ 1,280 kPa
空気圧読み取り精度 ±2.5KPa
温度測定範囲 -20℃ ~ 145℃
温度読み取り精度 ±2℃
使用電池 CR1632
質量 9.5g ± 0.5g(電池を含む)
対応OS(アプリ) iOS 7.1.2以上、Android 4.3以上


■トライポッドワークスについて

トライポッドワークスは、オンラインストレージ、電子メールやネットワークセキュリティなどのプロダクト開発/販売を行う「情報セキュリティ事業」と土木/農業/介護などの分野で視覚情報を活用するための映像解析サービスを提供する「映像情報を基軸としたIoTサービス事業」を2本の柱として事業を展開しています。

■商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ先

トライポッドワークス株式会社
事業企画部 プレスルーム
Email: info@tripodw.jp
Phone: 022-227-5680

製品紹介サイト: http://www.tripodworks.co.jp/product/TPMS/