• MAILSCREEN

MAILSCREEN開発者の思い

技術本部 セキュリティソリューション開発部
プロジェクトマネージャ 遠藤一義

技術本部に所属しネットワーク・セキュリティ・プロダクトの製品計画・設計を担当しています。弊社の自社ブランド製品「MAILSCREEN」シリーズの製品開発の取り纏めを行っています。

MAILSCREEN」は、製品のコア部分を韓国のパートナー会社と共同で開発を行っており、より具体的に機能仕様を伝え、スムーズに開発していけるようにお互いのコミュニケーションを密にするよう心がけました。また、文化の違いによる認識の違いや日本独自の商習慣などを伝えるのにも苦労しました。何より本製品がメールシステムに関わるので既存のメールシステムを変更しない、メールシステムを停止しないように製品構成を考えるなどに注力しました。


メールでは、情報漏洩までにならなくても、メール送信時の些細なミスなどで取引先などから信用を無くしてしまうケースがあります。このようなメール誤送信防止対策には、メールフィルタリング機能、添付ファイルの暗号化機能、メールで大きいサイズの添付ファイルを送信する場合には、URLリンク機能をおススメします。

また、大容量ファイル転送製品の「GIGAPOD 2010」シリーズとの連携もできますので、既に「GIGAPOD」シリーズをご利用されているお客様にも、「MAILSCREEN」製品のご導入をおススメ致します。

その他に「メール誤送信防止」「メールフィルタリング」機能を使うにはセキュリティポリシーがまだ整備されておらず、その策定から始めなくてはならないなど敷居が高く感じられるというお客様には送信メールのメールログ・アーカイブ機能をおススメします。

MAILSCREEN」を導入頂くと、送信メールの送信ログを簡単に取得、閲覧することができます。通常の業務でどのようなメールが送信されているかを簡単に把握でき、ログとして保存することもできます。

kodawari_kendo2.jpg

 

 

MAILSCREEN」をご導入頂いたお客様からは、簡単に設置ができて、既存のシステムを変更すること

なく運用できているのでシステム管理者の立場から導入がスムーズにできることは大変助かる。メールを送信する操作は、従来通りの操作方法で変更がなく、メールをお使いのユーザーへ操作説明会などが特に不要である、という点を評価頂いております。

一方で、他社でも同じような機能を実装している製品も見受けられるので「MAILSCREEN」だけが持つ<独自機能>があっても良いのではないかとのご意見もあります。現在の機能がすべてとは考えておりません。必要とされる機能をより使いやすくお客様の立場に立って実現できるように製品リリースを進めていきます。

最後になりましたが、「MAILSCREEN」は、既存のメールシステムやお客様の環境を変えることなく設置が可能なタイプもご用意しております。「MAILSCREEN」は、お客様の送信メールに関するお困りごとを解決する製品です。是非ご検討下さいますようお願い致します。

 

MAILSCREENの詳細をみる