News & Event

ニュース・イベントNews & Events

乳児午睡見守りシステム「べびさぽ」が、第15回MCPC award 2017 優秀賞を受賞

乳児午睡見守りシステム「べびさぽ」、

第15回 MCPC award 2017 優秀賞を受賞

2017年10月31日、弊社製品である「乳児午睡見守りシステム べびさぽ(以下、べびさぽ)」が、第15回MCPC award 2017 サービス&ソリューション部門にて、優秀賞を受賞いたしました。

MCPC awardは、業界を超えたモバイルコンピューティングの普及促進団体として1997年に発足したMCPC (モバイルコンピューティング推進コンソーシアム、会長:安田靖彦)が2003年から毎年開催しており、15回目となる今回は賞を『ユーザー部門』と『サービス&ソリューション部門』の2部門に分けて実施されました。
モバイル、ワイヤレス技術またはM2M/IoT、AI、Robot、Bluetoothなどを活用した先進的な事例、あるいは、プロダクトを導入することにより成果をあげた企業や学校、団体を表彰し、事例を広く紹介しております。
[MCPCプレスリリース文]http://www.mcpc-jp.org/press/pdf/press_20171031.pdf


この度優秀賞を受賞した「べびさぽ」は現場の保育士の声から生まれました。乳児はもとより保育士・園を守りサポートするシステムです。「べびさぽ」は、乳児をカメラで撮影し、義務付けられている5分の見守り行動の逸脱やうつぶせ寝の兆候をランプの光と音で通知します。ランプの光はどこからでも見えるので保育士の協働を促し「働き方改革」に繋がり、映像を記録することにより保育士の大きな負担となっている「責任感の重さ」「事故への不安」を和らげます。「べびさぽ」は働く側(保育士)の負担を減らし、預ける側(保護者)の安心を増やします。

「少子高齢化などの社会問題を解決するソリューションであり、画像認識など工夫の跡が見え、普及推進すべき内容と評価し、優秀賞を授与した。」と評価いただき、第15回MCPC award 2017 サービス&ソリューション部門 優秀賞受賞の運びとなりました。

「べびさぽ」は『ビックママランド(仙台市内に3園、東京都立川市に1園の小規模認可保育園)』にて、企業主導型保育園を運営する株式会社ビック・ママ(本社:仙台市若林区、代表取締役社長:守井 嘉朗)の現場ニーズをもとに開発が開始されました。ビックママランドでは仙台市内の3園で「べびさぽ」を導入し、その運用から得られた保育士の声を引き続きフィードバックしていきます。

べびさぽ製品ページ: http://www.tripodworks.co.jp/product/babycare-support/

べびさぽ紹介動画: https://www.youtube.com/watch?v=knOyQeHmd2k

■べびさぽの主な特徴

• 乳児の睡眠状態をカメラで見守り
• 見守りサイクルのタイミングを光と音で通知
• うつぶせ寝のときはすばやく通知
• 睡眠を妨げないやわらかな光と音
• 睡眠時チェック表のレポート支援(予定)

■セット内容

べびさぽ本体 x 1、見守りカメラ(ICS303C) x 3、モニタータブレット、お知らせランプ、通信アンテナ類、保証書

■商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ先

トライポッドワークス株式会社
事業企画部 プレスルーム
Email: info@tripodw.jp
Phone: 022-227-5680